若葉台保育園

園の様子

★七夕★

7月7日は七夕ですね。
織姫と彦星が天の川を渡って、1年に1度だけ出会える夜。折り紙で七夕飾りをつくったり、短冊に願い事を書いて笹竹に飾り付けます。

保育園でも七夕の歌を歌い、パネルシアターや紙芝居を見ました。給食は『七夕行事食』ということでそうめんを食べました。子ども達が大好きな唐揚げもあり、「おかわりくださ~い!」の声があっちこっちから聞こえてきました。
午後のおやつは『七夕ゼリー』です。夜空をイメージした2層のゼリーです。
調理室の皆さん、いつもおいしい給食をありがとうございます。
2021/07/08

柿の実③

12月に入りましたね。干し柿づくりの最終段階です。

園庭に実っていた柿の実、とうとう干し柿が完成しました☆
『しわしわになってきた~』『どんどんしぼんでる~』と日々、観察していました。
大人も子どもも『これっていつが完成なの??』という事になり栄養士さんに相談に行くことにしました。
触ってみて柔らかくなっていたらいいよという事で切ってもらいました。『うわっ!くさい!』と匂いを嗅いで一言。子どもたちの好みではなかったようですが、面白い経験となりました。
2020/12/02

七五三おやつ

七五三は子どもの成長を祝う行事です。
若葉台保育園でも子どもたちの健やかな成長を願い、今日は行事おやつにしました。

蒸しパンの生地に天然由来の食用色素を使用し、色付けし蒸しパンにお花の模様を描きました。
実は試作をした際には蒸しパンが割れてしまい、模様が消えてしまったのです…。温度設定等、調整しうまく模様が浮き出ました!

子どもたちも『わ~おはなだ!』『かわいい!』と楽しいおやつの時間となりました。
離乳食は小豆粥です。
お花の蒸しパン
あんこ入りです!
2020/11/13

柿の実②

昨日の間違い探しの答えはわかりましたか?掲示版のクラス表示『ぞう組』となるところが『そう組』に…濁点が消えていたのです。子どもたちは細かいところまでよく見ていますね。早速直しました。

そんなぞう組が挑戦している干し柿づくりのその後です。
皮をむいた柿の実に紐をつけ、調理室にお願いして熱湯のお風呂に入れてもらいました。
そしてぞう組テラスの避難滑り台の前に干しました。


干している柿を見て子どもたちは『なんだか、柿が小さくなってる!』と変化に気付きつつ、毎日見守っています。この後もどんな気づきが出てくるのか楽しみです。
2020/11/11

ハッピー☆ハロウィン

10月31日はハロウィンですね。ハロウィンとは古代ケルト人が起源とされるお祭りの事だそうです。保育園でもハロウィンの雰囲気をみんなで楽しんでいます。
今日のおやつはハロウィンクッキーでした。かぼちゃと紫芋を使ったソフトクッキーです。子どもたちの喜ぶ姿を想像しつつ、調理室みんなで協力して作りました。
『うわ~!』という賑やかな声が保育室から聞こえてきたので覗きに行ってみると嬉しそうにクッキーを食べていました。こうもり(クッキー)を手で動かしてみたりと楽しいおやつTIMEでした。
ハロウィンクッキー
きりん(4歳)の作品
りす(2歳)の作品
もぐら(1歳)の作品
今日のためにマスクを手作り!
2020/10/30

さつまいも

お芋ほりさつま芋について知り、興味を持って取り組めるようにというねらいで栄養士さんが子どもたちにさつま芋の話をしてくれました。紙芝居風にさつま芋の育ちについて教えてもらいました。

そのあとはさつま芋クイズ!!
①さつま芋は土の中(下)にできる?上にできる?
②さつま芋のお花は咲く?咲かない?
③さつま芋ができる季節は春?夏?秋?冬?

みなさんはわかりましたか?子どもたちはさつま芋は朝顔のなかまで朝顔のような花が咲くことに驚いていました。
さつま芋の種類について教えてもらい、みんなでお芋ほりに臨みたいと思います。
2020/10/28

トウモロコシ

私たちが普段ゆでて食べているトウモロコシは新鮮なほど甘みが強く、収穫されたらすぐに食べごろになります。

保育園では毎年この時期にお花屋さんご紹介の農家の方からその日の朝収穫したばかりのトウモロコシを分けてもらっています。

管理栄養士さんが各クラスをまわりクイズ形式でトウモロコシってどうやってできているのか…を教えてくれました。

シャキッとして甘みたっぷりのコーンに子どもたちはかぶりついていました☆
2020/07/03
このページのトップへ