社会福祉法人山百合会

経営理念

女性が安心して子どもを産み育てられ、仕事と育児が両立できるような社会をつくりたい。
そのような社会づくりに保育を通して貢献(支援)する。

経営方針

常に保育の質の向上をはかります
保護者との保育方針の共通理解のもとで、子ども一人一人の保育計画を作成し、子どもの発達と成長を保障します。また、保育士の技術向上とモチベーションの維持に努め、保育の質的向上をはかります。
次世代を担う子どもを育てます
憲法・児童福祉法等に基づき、常に子どもの人権と安全を守るとともに、一人一人の発達や状況に応じた適切な保育を行います。
保護者や関係機関と連携し地域社会に貢献します
家庭・学校及び地域との交流を通じて保育ニーズの把握に努め、園庭の地域開放・育児支援や実習生・ボランティア受入などを行い、地域社会に貢献します。

保育目標

子ども達の笑顔と未来のために
  • 子どもたちが信頼できる大人集団になるためにすべての人と手つなぎの輪を広げます。
  • 子どもの身体づくりの為によりよい食事のあり方を目指します。
  • 子どもの五感を大切にし、生きる力の土台をつくります。
このページのトップへ