若葉台保育園

園の様子

卒園おめでとう

カイコの記録、最終回です。6月のカイコの飼育からはじまり、最後は繭玉を使ったコサージュを作成しました。


保管していた繭をカッターで半分にした後、切込みを入れていきます。リボンの色を変えることで様々なバリエーションが生まれるので毎年、色合わせも楽しみです。


このコサージュを胸に飾り、卒園を迎えたぞう組の子ども達。
4月からの小学校生活も楽しんでほしいと思います。
2021/03/24

繭ストラップ

 飼育していたカイコの繭を利用してストラップづくりを行いました。
使う繭の大きさ、紐の色などを選び、製作スタート!

まずはペンで繭に色や柄を描きます。小さな丸い繭に描くことは難しいですが、指先を使い、力を調節して取り組んでいました。そのままの繭がいいと色付けしない子もいましたよ。

ビーズを選び、小さな穴に紐を通す…。ここが最大の難関。真剣な表情で集中し、互いにどうやったらうまく通せるか工夫していました。

ビーズの色合いや量を調節し、世界にひとつのオリジナルストラップが完成しました。

『たくさん繭になったね~』とカイコの成長を振り返りながら取り組む姿が印象的でした。
完成!ストラップの房は糸繰りの糸です。
2021/03/01

糸繰り体験 (苦手な方はご注意ください)

昔から受け継がれているカイコの飼育。今日はそのカイコの繭を使い、ぞう組が糸繰り体験を行いました。
まずは繭を茹でます。(毎年受け継がれたレシピを基に茹でる時間や温度が決まっています。)湯気の様子やプツプツ湧く泡の様子をじっくり見学。『なんだ?この匂い…』『ジャガイモみたいな匂いがする…』茹でたり冷ましたりを繰り返すこと30分。ようやく糸口を刷毛で探します。今年はうまく茹で上がり、スルスルと出てきました~!

糸繰り機(かなりの年代物です。)に糸口をセットしてゆっくりゆっくりハンドルを回します。糸が糸車に巻き付く様子を見ながら慎重に回す子ども達。そのうち、きりん組・ひつじ組の子ども達も見学にやってきました。『これがカイコだよ』『ここから糸ができてきてつながってるんだよ』『ジャガイモみたいな匂いなんだよ』と教えてあげていました。

カイコが透けて見えるぐらいになると『うぉ~!!見えてる!』と盛り上がっていました。

糸ができる過程の中で、匂いや茹でた水の色の違いなど様々な気づきが生まれ楽しい活動となりました。
カイコの繭
刷毛を使い、糸を出します。
繭から出た糸をより合わせます。
カイコが透けて見えてきました。
左から水・茹で①・茹で②・茹で③…色の違いがわかるかな?
2021/02/26

ぞう組会議~かいこ編~

先日、6月から飼育していたカイコが無事に繭になり、お世話が終了しました。

クラスの中でみんなでカイコの成長を振り返りました。

カイコの成長段階の写真を見ながら『この時はまだ小さかったね』『糸はいてたよね』とその時々の気づきを発表してみんなで共有しました。

約1か月半、カイコのお世話を通して生き物に触れ、命の大切さに気付く良い機会となりました。

この後もカイコの繭を保育の中で活用していく予定です。その際にはまたご紹介しますね。
2020/08/17

カイコが繭に!(苦手な方はご注意ください)

桑の葉をたくさん食べていたカイコたち。そろそろ繭になる時期だね…と準備を進めていました。予想通りにお休み明けに数匹が繭を作り始めていました。

厚紙でかいこが繭を作りやすいように『ワンルームマンション式マブシ』を作り、かいこのお部屋へ…。

しっかりとマンションに入居してくれるカイコもいれば『変なところで作ってるよ』と子どもたちもビックリな所に自分で住まいを決めているカイコも…。

この後の成長も目が離せませんね。
口から糸を出し、繭になります。
マンション型マブシ
こんな所にも…
2020/07/27

かいこ4令(苦手な人はご注意ください!)

ぞう組で飼育しているかいこが4令になりました。
すくすくと成長しています。

子どもたちは毎日、園庭の桑の葉をとり、水洗いをしてえさの準備やかいこの部屋のお掃除をしてくれています。


実はかいこは4令までは手で触れることができません。
脱皮や眠を繰り返し、成長するかいこを首を長~くして待っていました。


…ということで触ってみた感想は『ぷにぷにしてる♡』この感動をお父さんやお母さんにも伝えたい!とお迎えに来た保護者の方に見せに行くとほぼほぼ『きゃーーーー!!』という驚きが…。


これからさらに成長していく様子はまたご紹介しますね。
みんなでえさの準備
モリモリ食べます。
触ってみたよ!
2020/07/17

かいこの飼育がはじまりました

今週からぞう組のかいこの飼育が始まりました。
例年だと5月中旬から始まりますが今年は感染症拡大の影響を受けこの時期からのスタートです。

かいこは【ガ】の仲間でかいこがつくる【まゆ】からは、シルク(絹)と呼ばれる糸がとれます。

・みんなの生活に必要な糸を作ってくれる家畜化された昆虫である
・野生回帰能力を完全に失っており、人間の世話がないと生育することができない
・大きくなったらさようならをする時期がくる

飼育する上で【かいこ】について、【命】についてお話をしました。子どもたちは『そうなんだ~』と真剣に話を聞いてくれていました。

これからの日々、子どもたちとかいこの成長を観察し、お世話をしていきたいと思います。
かいこの卵…ごまくらいの大きさです
虫眼鏡で見てみよう
近くで見ると…
2020/06/19
このページのトップへ